‐ラインアップ‐

ビルダー:鈴木哲也



全般的には師である秋丸氏譲りの”アメリカンな竿”と分類してしまいますが、
全体が良く曲がる感じの「フレア」とティップアクションと言ってもよい「リベロ」の2型が
現在のラインナップです。本流でサイズのあるトラウトを釣っても楽しそうですが、
ヤマメ・アマゴのバイブレーションを楽しむのにも良い感じがします。
独断で「編者の選択」をするならば、
フルフレックスの「フレア」の方で、7’06”#4指定がどこでも楽しめる感じがします
バンブーロッドでフライフィッシングをする為の「オールラウンドモデル」のお手本と言っても良いでしょう


戻る