‐作者近影‐

リールビルダー:石井 満



プロフィール

「まず道具としての性能を優先する」 が口癖の石井 満氏は、機械エンジニア出身の
日本で数少ないカスタムリールメーカーの一人です。
東京都町田市に居をかまえ、ハンドランチグライダーのタイトルホルダーとしても著名です。
熱烈なフライファンであると同時に確かな技術を備えているという要件は、
往年のリールデザイナーと共通する点で、リールメーカーたりえる必要条件を満たしている事になります。
石井氏の作り出すリールは、「丈夫」で「信頼に足る」機能面での確かさと共に、
「触れていて楽しい」触感の良さや、 外見として控えめに見えながらも
現代的なタックルとして調和のとれている オリジナリティ溢れたデザインの良さも見逃せません。
このあたりのバランスが、”無機質な金属の塊”の様な市販リールと一線を画すカスタムメイドの真骨頂だと思います

褒め言葉になりませんが、フライタックルにおけるリールの役割を別の角度から見ると、
「スーツに合わせるネクタイ選び」や「愛車に合わせるアルミホイール」と同じ様に感じます。
それは、ベースとなる機能に信頼さえあれば、「お気に入り」が、自分にとって一番だからです。









戻る