‐FLYFISHING CRAFTMAN’S UNION‐

トピックス




第七回クラフトマンユニオンショー in 大井川ジュネス
12月7日(日曜)9:00am〜3:00pm
出展社リザルト:
カクヒロロッド(野中角宏)バラダロッド(茨田文夫)ミタムラロッド(三田村将史)
BTHR(菊池一章)やまめ工房(石井 満)
タックルクラフト・ヒロ(石井優博) NakaFlyReel(中嶋章博) 順不同、変更あり。です

第八回クラフトマンユニオンショー in 横浜パシフィコ
2月13・14・15日
出展社は上記プラスアルファの予定です。





第六回 クラフトマンユニオンショー イン 横浜パシフィコ

告知通り国際フィッシングショーに小さな小さなブースを出してきました。
ほぼ10年ぶりの”フライ復活”だそうですが、さすが5万人集客のショーだけあって、
普通に「釣りの一種類」として「足跡を残せた満足感」はありました。

30m四方のフライゾーンに24ブースだったかな?すれ違うのは著名人ばかりで、
終いには挨拶するのも面倒になりました。でも来場者の熱気はフェスタの何倍もあったような気がします。
スペースをイメージしてもらう為に、あえて例えるならば、小学校のグランドの隅の「お砂場」ですかね。

私的に最大の収穫は、「フライを知らない人に、楽しさをどう伝えるか再構築した」点で、
ルアー、へら鮒、テンカラ、磯釣りなどと「フライの釣り」の接点を必死で見つけていた事です。
そうだ!フライフィッシングなんて言わないで、「フライの釣り」っていう言い方がイイのかも・・。






これが、我が「クラフトマンユニオン」のブース全景です。
娘が以前画いた日本画を切り刻んで屏風ふうにしたんですが、
きっとご主人に連れてこられ人ごみに飽きていたんでしょうね。
この絵を褒めてくれた上品なお婆さまが居ました。(ホントに色々な方が居ました)


左の写真はMr,エスポジットと私。    右はアキマルロッドの秋丸さんと私。


え〜、案の定写真を撮るのを忘れていまして・・。この2枚でお終いです。
言い訳ですが、一生懸命”営業”をしていたからですよ。遊び回っていたからじゃないですよ・・・・。

私たちのブースの通りは1コマづつクラフトマンが出展した通りになっていて、
アキマルさんと門下生さん達やカービングの吉田さん、フィッシュレプリカの手塚さん、
福岡のランディングネットの野田さんなど真摯で個性的な人が多く、会話も楽しめました。
そこで! 「通り」に名前を付けました。  ”手塚地蔵通り商店街”

写真のエスポジットさんは、ボストン生まれの新潟人。良いハックルを扱っていたので、
さっそく契約してきました。(後々ご紹介してまいります)

秋丸さんとはいままでご挨拶程度の間だったのですが、
三日も顔を会わせていれば自然に竿や釣りの話になり、意気投合してしまいました。
氏の竿や門下生さんの竿もシッカリと腕に記憶させてきました。



左から、高宗さん、鈴木さん、石関さんの門下生の皆さんです。


泊りは安くまとめようと東横インを予約したんですが、近くの桜木町でなく、関内の方でした。
クルマで移動だから「まあ、いいや」と思っていたら、これが大当たり!
中華街が近いので、「晩飯は中華街に行く」のは当然ですよね。
「疲れたねー」「腹減ったなー」などと言いつつ中華街に近づくと・・・、
「バン!バン!ババン!」 危ない音の主はすぐに解かりました。
そうなんです!2月8日の夜は春節祭(旧正月)の初日だったんです。
銅鑼の音と獅子舞と爆竹音で街中トランス状態でした。

正直言います。 今回、ショー半分・中華街半分。どっちも楽しんでしまいました。



− 出展社リザルト −
カクヒロロッド(野中角宏) バラダロッド(茨田文夫) ヨシダロッド(吉田幸弘)
ジーニアスロッド(新藤忠伸) マサロッド(三田村将史) カワノブックス(川野信之)
やまめ工房(石井 満) タックルクラフト・ヒロ(石井優博)
キャッチボックス(中村伸樹・相島圭二・藤高郎雄) ハリキフェルール(榛木敏之)
アンブレラフック&フライズ(幹事:高橋)



★イベント情報★

第一回モダンバンブービルダー展を開催し、無事終了しました

参加メーカー一覧

KAKUHIRO(野中角宏)
     TREMENDOUS(市川正道)
KAGEROWROD(石田秀登)
    ル・グランソワール(原田克巳)
YOSHIDAROD(吉田幸弘)
    BARADAROD(茨田文夫) 
T・クラフト(ネット・土屋真一)
HARIKI FERRULE (榛木敏之)
やまめ工房・カスタムリール(石井 満)
イトシロフィッシャーズホリディ(斎藤彰一)
アンブレラフック&フライズ(高橋裕昌)

各所で最高気温をマークされる程の過酷な天候でしたが
ご来場頂いたお客様有難うございました。
予想以上の反応に驚いています。
そして、「釣って選べる試振会」という内容が支持されたと確信しました。
涼しくなった禁漁期に「第二回モダンバンブービルダー展」を行います!
今後は年2回の定例展示会として活動を展開していきます
次回は10月後半、来年の4月前半を予定しています
ビルダー・クラフトマン全員で「新作やショウモデル」を準備して
ご来場をお待ちします!


★イベント情報★

釣って選べるバンブーロッドの試振会 2005秋 終了しました

「モダンバンブービルダー展  2005 秋季」

荒天のなかご来場・試振・オーダー頂いたお客様本当に有難うございました。
二回目なのか、皆さん積極的に試され、ロッドの感触を試すというこの会の本質を理解されていました。
これからオフシーズンになり横浜のフェスタなど多数の展示会が開催されますが、
ビルダー諸氏と検討を進め、来年の4月頃に「第三回モダンバンブービルダー展2006春季」を予定します。
ビルダー・クラフトマン全員で「新作やショウモデル」を準備して
ご来場をお待ちします!


参加メーカー一覧 (順不同)

KAKUHIRO(野中角宏)  
   TREMENDOUS(市川正道) 
  KAGEROWROD(石田秀登)   
ル・グランソワール(原田克巳)  
YOSHIDAROD(吉田幸弘)  
BARADAROD(茨田文夫)  
KANJIRO ROD(中尾幹次郎)
T・クラフト(ネット・土屋真一)
HARIKI FERRULE (榛木敏之)
やまめ工房・カスタムリール(石井 満)
イトシロフィッシャーズホリディ(斎藤彰一)  
タックルクラフト・ヒロ(石井優博)
アンブレラフック&フライズ(高橋裕昌) 他


釣って選べるバンブーロッドの試振会
「第三回 モダンバンブービルダー展  2006 春季」

4月9日(日) 無事、終了いたしました。
ご来場、試振り、ご購入のお客様。本当に有難うございました。

今回は好天に恵まれ、とても良い試し釣りが出来たようです。
各ビルダーも多数の新作、ニューコンセプトロッドのお披露目となり、
ユーザーさんとビルダーと理論を交わす光景が多く見受けられました。
「投げて」「釣って」「取り込む」までの感触をチェックして頂く実践的な展示・試投会は、
ビルダーにもユーザーにも確実に浸透してきました。
全国各地域でこのような催しが増えることを真に望みます。

  参加メーカー一覧 (順不同)

KAKUHIRO(野中角宏)  
ル・グランソワール(原田克巳)  
YOSHIDAROD(吉田幸弘)  
BARADAROD(茨田文夫)  
T・クラフト(ネット・土屋真一)
HARIKI FERRULE (榛木敏之)
やまめ工房・カスタムリール(石井 満)
タックルクラフト・ヒロ(石井優博)
アンブレラフック&フライズ(高橋裕昌) 他

KAGEROWROD(石田秀登)は、今回はデモロッドが間に合わず、
6月以降に個展を予定しています。 


釣って選べるバンブーロッドの試振会
「第四回 モダンバンブービルダー展  200 夏季」

5月13日(日) 無事、終了いたしました。
ご来場、試振り、ご購入のお客様。本当に有難うございました。

当日はジュネス特有の西風が強く、正しい感触を得てもらえるか心配をしましたが、
ビルダーも「説明上手になり?」、この展示会の為のコンセプトロッドを新造して持ち込み、
お客様も事前学習をされ、「インプレッション上手?」な方が多いことに驚くばかりです。
他地域のイベントとバッティングがあり、参加者の変更などご迷惑をおかけしましたが、
回を重ねるごとにユーザーとビルダーの間に連帯感と信頼が生まれていく事を
ヒシヒシと感じられる展示会になってきていることを誇りに思っています。
納期が1年半、2年とお待たせしなくてはならないビルダーも多いのですが、
それを差し引いても「魅力のある道具」と思わせられるのは、
当会が一番大事にしている”実釣によるインプレッション会”であると、さらに確信しました。

次回もさらに充実した内容で、ご期待に添える様準備を怠らず、今年の10月か11月に
「2007年秋期」をご案内したいと思います。 ご期待ください!

  参加メーカー一覧 (順不同)

KAKUHIRO(野中角宏)  
ル・グランソワール(原田克巳)  
YOSHIDAROD(吉田幸弘)  
BARADAROD(茨田文夫)  
T・クラフト(ネット・土屋真一)
やまめ工房・カスタムリール(石井 満)
タックルクラフト・ヒロ(石井優博)
アンブレラフック&フライズ(高橋裕昌) 他

ご来場、ご成約のお客様に重ねて感謝致します。
クラフトマンユニオン代表者 高橋裕昌


釣って選べるバンブーロッドの試振会
11月25日(日)「第5回 クラフトマンユニオンショー2007秋季」 無事終了いたしました。
ご来場、試振り、ご購入のお客様。本当に有難うございました。

今回の試振会は、会の名を「クラフトマンユニオンショー」と改名し、 ハンドメイド作品を扱う会として、作品と作者の範疇を広げて紹介をする為のスケールアップの第一歩の回でした。
渓流のシーズンオフのためか、来場なさった方たちの視線は、”来期に向けてのロッド選び”に集中していた様です。

ジュネス特有の西風も無くおだやかな日和だったのですが、如何せんドライの反応が悪すぎました。
魚をかけるという点では皆さんストレスを感じておられましたが、その分キャストに集中なさっていた様子です。
来場者がビルダーに積極的に質問をし、満遍なくインプレを行っている光景は、
当会の本質を双方が理解している表れで、回を重ねてきたことと方向性に間違いが無かったことが証明された気持ちです。

注目ロッド:
カクヒロロッド:Nシリーズ。聞き忘れましたが、素直でシャープな解かり易いニュートラルな使用感でした。
ヨシダロッド:真竹を使った独特の”ヨシダアクション”の703と764は皆さん試されていました。
バラダロッド:新シリーズの3p「エース」は、よりシャープさが強調されていました。
ジーニアスロッド:過去のパラボリックアクションとは一線を課す、
”モダンパラボリック”と言ってもよい様な実戦向きの竿は、とても印象的でした。
マサロッド:次世代ビルダー三田村さんの孟宗竹の703は完成度が増し、「静岡仕様」に決定!デモ竿をお預かりしました。

今回はロッドのインプレッションに集中してしまった感がありますが、
年明けの2月にパシフィコ横浜で行われる「国際フィッシングショー」に、同じ屋号で出展いたします。
出展社の一体感も高まり、気合が入っています。こちらにもご声援をお願いします。
「国際フィッシングショー」  http://www.fishing-show.com/index.html  

参加社:

カクヒロロッド(野中角宏)
ヨシダロッド(吉田幸弘)
バラダロッド(茨田文夫)
ジーニアスロッド(新藤忠伸)
マサロッド(三田村将史)
やまめ工房(石井 満)
タックルクラフト・ヒロ(石井優博)
ハリキフェルール(榛木敏之)
カワノブックス(川野信之)
キャッチボックス(代表:中村伸樹)
アンブレラフック&フライズ

ご来場、ご成約のお客様に重ねて感謝致します。次回またお会いしましょう!
クラフトマンユニオン代表者 高橋裕昌




戻る