Welcome to ELEPHANTPROOFoutfitters site !


フライフィッシング  2011/2/10更新
クラフトマン ユニオン  2011/2/10更新
ELEPHANPROOF BAMBOOROD 2011/2/13更新   
NEWS FLASH   2008/10/17更新
★      終の棲家     2010/9/14更新
日本フライフィッシング協会設立準備100人委員会   






もろもろお知らせです




Mt,Fuji J-Trout Fair 2015 in Shibakawa

増水・台風襲来など悪条件が予想され
7月11,12日に予定いたしましたトラウトフェアーは
2週間あとの7月25,26日に順延すろことになりました。
組合長:長谷川がご説明します。


主催:芝川漁協   後援:JFFA日本フライフィッシング協会


フェイスブック 芝川漁協 ページ







今年はルアー、フライ、テンカラとゲームフィッシングの3種がそろいます!お仲間を誘って申し込みください。
担当は高橋裕昌:電話090−3954−5889 メール:elephant.proof@ck.tnc.ne.jp です。




500g(35cm以上)のアマゴ1600匹と3kg(60cm以上)の鼻曲りのレインボーが大量に放流されます。


昨年ご好評頂いたスポーツフィッシングの祭典J-Trout Faie を7月25日(土)26日(日)で行います。
>
おおよその内容とタイムテーブル:
(変更されるかもしれませんが現時点での予定です)
7月24日(金)午前:組合員、ブース設営。
        午後:一部放流。
(放流量が多いので2日間にまたぎます。金曜日に仕事を休んで(笑)
前のりできる方、放流の手伝いをしていただける方、出展準備をされる方は事前にお知らせください。
ご褒美はイブの試し釣りの権利です(笑)
7月25日(土)午前:参加者受付、キャンプサイト設営。
        午後:主放流(およそ1t。3000匹あまり)
           ウエルカムパーティー?
           保全ディスカッション。今年のテーマはC&R。
放流会参加者にはイブの試し釣りの権利を差し上げます。
釣り大会受付は11日から12日大会直前まで。
7月26日(日)午前:釣り大会8時スタート。11時フィニッシュ。
           集計後12時表彰
        午後:さよならパーティー(焼きそばパーティー?)
(大会レギュレーション・出場料金は未定。大会に出ない方にもお得な2日券設定)



ナビ入力は「静岡県富士宮市西山872」でお願いします。  ご連絡お待ちします!








すみません。普通に売り物です。

タイイングバカがお薦めする「巻きたくなるバイス」2点

奥:リーガルブロンズバイス(今はメダリオン、トラディショナルヘッド、ブロンズベースと言うらしい)
$315なので、¥36500 税込・送料別 2台あります。


手前:Renzatti 2300 traveler
売れました。










日本フライフィッシング協会発足します    



米国最大のフライフィッシングクラブである FFF に初の日本人理事が就任しました。
お名前は増田 邦 さん。
フェイスブックにてFFFのショーの模様などきれいな写真とともに掲載しています。
オープングループですのでご自由にご覧いただきポスト頂ければ幸いです。



IFFF 2014リビングストン大会レジストレーション ページ



A river in the shadow of Mt. Fuji.

芝川漁協の方達とその活動に係わってきたことで、来年度から準組合員に承認されました。
担当は「広報」。Web,雑誌記事などでレギュレーションなどを含む漁協の活動や芝川の魅力をお伝えしていきます。





100%湧水の芝川が平成26年リニューアルをします。
公式ホームページが出来上がるまで、G+とFBを使いレギュレーションその他の情報を発信するとともに、
皆さんのお問い合わせにお答えしていきます。今後の活動にご注目ご期待ください。


フェイスブック 芝川漁協 ページ

グーグル+ 芝川漁協 ページ





大きな地図で見る


Mt.Fuji J-Trout Fair

ガク(犬)の写真をクリックしてください
Mt.Fuji J-Trout Fair のスライドショーが始まります
ダウンロードがやたらと長いので、何か別のことをしながらにしましょう






店舗案内 Google Mapにて
諸事情ありまして店舗移転いたします
ポンドジュネスから5分の自宅(本当は自宅じゃ無いんですけど)で
ロッド製作、各スクール、シーズン中は渓流にて実釣レッスン続行します
疑問・質問・お問い合わせ何でも連絡くださいね。TEL:09039545889
 
  



Rite Bobbin



  


MADE IN MONTANA マークが誇らしげなライトボビンの日本輸入元になりました
上のロゴマークをクリックしてRite-Bobbinのページへお進みください




まだ良く理解していませんが、ペイパル始めました。
と、言っても海外のお客様の便宜を考えただけですが・・



ソリューション画像



速報です!
FFFの保存版サイトにアンブレラダンが載りました
ということは・・・、殿堂入りか・・?!
 
  





帰ってきました!楽しみました! 
私の中でフライフィッシングが少しだけ厚みを増しました 



写真は「ヘンリーEホフマンと私」解るでしょ?すごいでしょ?

おまけ:すぐ下のKAKUHIRO RODの写真をクリックしてください
カクヒロさんご注文でイメージビデオを作りました
BGMは発注者指定の<ジミヘン・イージーライダー>です
お楽しみください





KAKUHIRO ROD 公式サイト 発信です (仮)



 
  
カクヒロロッドの野中角宏さんを口説いて口説いて
公式サイトを編集・運営することになりました
現在は仮オープンですがゆくゆくは、「KAKUHIRO.COM」として
すべて野中氏本人が説明をする動画オンリーで運営する予定です
正式運営が始まるまでコチラのページでお楽しみください
上のロッドの写真をクリックしてください






SUZUKIROD DESIGN   



新進気鋭 東京・立川のビルダー鈴木哲也氏の紹介ページを更新しました
ロッドをただの道具と見るか、腕の延長と感じるような体の一部と思うか意見が分かれるところですが
鈴木君の竿作りは完全に後者と思えます。次回の試し振り会にも参加いただけそうなので
実際にお会いして竿を触るまでこちらでお楽しみください





Miyuki Rod   



栃木県足利市在住、ウッドグリップが特徴的なMIYUKI−RODを製作している大川幸仁(ユキヒト)氏
ウッドグリップはコスメ以上にロッドの性格に反映され、短いスウェルドバットような仕事をし、
スピード感ある反発力を生むことがあります。魚とのやり取りもダイレクト感があり、独特のフィーリングです。
3月の横浜のショーから合流されますが、いつものように「前乗り」でデモ竿をお借りしてしまいました。
写真左が「見るだけの新品・7ft3番3ピース」右は「振り倒しても良い・7ft3/4番3ピース」
当地での試し振り会にも参加して頂けるお約束が出来ましたのでお会いするのが楽しみですね。
それまではデモ竿とコチラの紹介項でお楽しみください。
(写真が下手なので、大川氏のサイトから正確な絵を見てくださいね。とほほっ・・・)




第十二回 クラフトマンユニオンショーINジュネス 終了しました
実験的に行なった2デイズ宿泊アリの会でしたが、お互いの日常的な思考などに触れて
私は良かったと思います。まあ、今後もユルーイ集まりは変わらないと思いますけどね。

翌日の試し振り会は、若干風の影響を受けて、散発的なライズでしたが
ロッドの性格を探るには支障なく、皆さん取替え引き替えロッドを試されていました。
次回、第十三回は年明け3月の横浜パシフィコでの国際フィッシングショーとなります。
参加ビルダー・クラフトマンも選定・交渉中です
仔細分り次第、告知いたします

試し振り会にご参加頂いた方々。オーダー頂いた皆様へ
クラフトマンを代表して、深く感謝いたします。
是非、今後の活動にもご注目ください





フライフィッシングスクール開講のお知らせ

 
−バンブーロッドで始めるフライフィッシング−
  



なんとも大胆なネーミングになってしまいましたが
本気も本気、大真面目で新企画をスタートさせます
「ビギナーこそバンブーロッドでフライを覚えるべきだ」と
ベテランといわれる方々が口をそろえておっしゃいます

多くのビルダー諸氏と意見を交わし、自分でも竿を作っているうちに
「竹だグラファイトだと素材に関係なく、ビギナーに使い易く、楽しさが解る竿」
これが私が作るべき竿だと悟ってしまいました

受付は随時、三回の集中講座とシーズンに一度は釣行し、
キャスティング、タイイングはもとより、「良き釣り人」の基礎作りをします
講座終了後も「フライライフは一生涯保障」
費用は、バンブーロッド1本付きで、¥63000
詳しくは、お問い合わせ下さい





いつものカクヒロが、あれ?チョッと違うゾ



昨年からの新シリーズとなる”N”シリーズは、私がもっとも好むアクションで
オーダーも立て続けに4本と快進撃を続けています。
余裕あるバットパワーが無駄なく心地よくティップに伝わり、
軟らかくもなく硬くもなく、早すぎず遅くもない”ロッドとしてのお手本”に感じます

写真は先頃納品された「N69」ですが、カクヒロさんから事前に連絡されたように仕様変更がありました。
フレームフィニッシュが加わり、「ランダムな斑模様」が表面を覆います。
カクヒロ君いわく、「この方がどうも調子がええんや」・・・・。
詳しいことは次回お会いした時に根掘り葉掘り聞きだすつもりですが
どう考えてもカクヒロ君が無駄な装飾をするはずは無いので、
きっとアクションに反映される使用変更なのでしょう。
見慣れないせいか、「スペシャルカスタム」って感じもしてしまいますね





今年は当たり年!



すんげえ!エルクヘアが着きました(ブリーチだけだけど)
あんまり良いのでもう一度取り寄せてみたいと思っています(ハズレないと良いんだけど・・・)
グレードは「プレミア」「ノーマル」「ショートヘア」としました。
ノーマルでも充分良いのですが、プレミアグレードはスゴイ!10年に一度見れるか見れないかというレベル
ショートヘアはホックとは違いますが若い鹿の夏毛だと思います。使い道は無限という感じ。
「プレミア」は私が他店で見つけたら¥1000でも即買いしますね。(なにせフェチだから)
今年はオール¥600にさせて下さい(去年は^¥500でした)早いもの勝ちです





 10thクラフトマンユニオンショー in パシフィコ横浜 終了しました



今回はガンバリましたよー
フライのコーナーはたしかにブース数も少なく
皆さん、お目当てのブースに行って満足した後に
「箸休め」のように「そぞろ歩き」で立ち寄られるのですが
コチラは一人でもフライを始めてもらいたくて必死に説明します
「やってみたいんだけど、どこでどうすれば分からないんだ」とおっしゃる方が多く
「じゃあ、高速も安いから静岡に来て下さい!何でもお応えしますよ」と、私の応え
皆さんやってみたいという熱気はハンパじゃありませんでした

前回までのショーの様子もご覧ください





タックルクラフト・ヒロ 石井優博
銘木フライボックス 今年の新作です。



横浜のショーでも大人気!ヒロさんのボックスは誰もが認める名作です
今年も「お値段据え置き」で、¥10000から¥13000
「タモ」やら「トチ」やら「ケヤキ」やら、私はよく名前は知らないんですが、
ガラの出方の凄さは判ります。ヒロさんって天才ですよね
新作は左の列の「ツートン」かな?前からあるのかな?
「解禁」前におニューのボックスで気合を入れませんか?





RiB Workshop (リブ工房) 久道常男
プレーニングフォーム製作 
ラインアップも決まり実働開始です



Model150 ¥31500
6スプリット用 プッシュプル可変式 全長150cm 15ポイント計測
あらゆるサイズの製作が可能なスタンダードサイズ 5インチないし10cmピッチ
Model100 ¥31500
6スプリット用 プッシュプル可変式 全長100cm 19ポイント計測
複雑なコンパウンドテーパーやスウェルドバット、ショートロッド、マルチピースなど
2,5インチないし5cmピッチで全長100cmのコンパクト設計

製作はリブ工房。販社はエレファントプルーフ社です







NAKA FLY REEL MAKER   岩手:中嶋章博
現役機械工がプロの技で少数生産する「ハンドクラフトの粋を超えた」ワンマンプロダクショメーカー



とんでもないリールを作る人と知り合ってしまいました。
2月12日からの横浜のショーに展示するリールを送ってきてくれたので 前のりでご紹介します。
「ブラックフェイスのバーミンガムリール」は、”見慣れてしまった”という方もいるでしょうね。
でもね・・・。現物を見たらブッタマゲますよ!
テッド・ゴッドフリードやウォーカーの「臭い」を感じさせるバランスに
アイデア満載のドラグシステム(普段は見れないんですがね・・・)は
国内最高峰の精度で迫ってきます(比べると、KやTの方がハンドクラフトに見えてきます)
ちょうど良い感じの大きさには3番4番ラインが巻けるそうで
サイドプレートは、これでもか!と言うほどピカピカのエボナイト
S字ハンドルの向きもふくめて、右巻き・左巻きの設定あり。

お値段は、オールアルミ(左)が¥48000(税抜きだと思いますが確認しておきます)
S字ハンドルとピラーをニッケル仕様で、(右)¥52000
”設備投資を棚上げした”から出来る金額です。10万と言われてもしょうがない品質ですよ
納期も改めて確認しておきますが、ご予約開始です

詳しくは、NAKA FLY REEL MAKER のサイトをご覧ください

実は、ワタシ別のタイプをオーダーしてしまいました。5月ころお知らせできるかも・・。「完璧型」が・・・。





オリジナルリール”BEANS” ”A・O・R” ”HTF” ご予約開始です!



バンブーロッドと言えば、やはり無くてはならない”バーミンガムスタイル”のリールが完成しました。
3,4番ライン用で直径68mm、幅38mm。ベッコウっぽい樹脂をプレートに採用し、
細部の触感に気を配りました。リムにアールをつけ、フェイスと段差の無いデザインは、
”観て””触って”いるだけでも愛着が湧くグッドデザインです!
表面からビスが一つも見えない「古くてモダンな」リールをご覧ください。
耐蝕アルミ:¥37800。特注ニッケルシルバー仕様:¥50400




製作は千葉・我孫子の「やまめ工房」石井氏。
ビーンズはグラマラスでピカピカの”モダンデザイン”
A・O・Rはディスクブレーキを採用して10番用リールまで4モデルシリーズ化予定!

製作には「1ヶ月かかり」「月産2台が限界で」「オーナーネームが刻印できます」
ただし、生産が追いつく筈は無いので「ご予約は必ずして頂かなければなりません」

価格はビーンズが3,4番専用で、¥30450 (本体 ¥29000)
A・O・Rの3,4番タイプが、¥34650 (本体 ¥33000)
”HTF”は3,4番専用で、¥37800 (本体 ¥36000)
店頭には試作モデルがあります。ご来場頂き是非ご覧下さい!
オーナーネーム入りのオリジナルリールなんて、滅多に無いですよ。

オリジナルリール  をご覧下さい。




ジ・エッセンス オブ フライタイイング 

コンテンツ”フライフィッシング”の”タイイングチップス”の項に、
その名も”THE ESSENCE OF FLY TYING”として、
「手の抜き方」や「マテリアルの使用法」などを書き留めていきます。

こちらもお楽しみ下さい。






ELEPHANTPROOF

OUTFITTERS